ご家庭で簡単!視力回復トレーニング機

ただいま人気の視力回復トレーニング機「スーパービジョン」です。
全国の視力回復センターでも導入されている優れものの視力回復トレーニング機がご家庭で簡単にご利用できます。
視力回復訓練機【スーパービジョン SV-2100】楽天売上1位!(7/26付)健康用品・治療器部門【健康と生活応援/フェニックス】

視力回復トレーニング機「スーパービジョン」の原理は、目の弱ったピント調節機能を元に戻してあげること。
目は水晶体の厚みを変えることによってピントを合わせていますが、この水晶体の厚みを調整しているのが水晶体の両端についている毛様体筋と呼ばれる筋肉です。
この毛様体筋は近くの物を長時間見ていると緊張状態が続くため、肩こりと同じように毛様体筋も凝ってしまい、水晶体の厚みをスムーズに変更できないためにピントが合わなくなり、この状態が慢性化すると近視になってしまうのです。
また、老眼も毛様体筋の弾力性がなくなるために、同じ理由で起こる訳です。

視力回復トレーニング機「スーパービジョン」は、画像の焦点が少しずつ微妙に変化することで、毛様体筋がそれに合わせてピントを合わせようとして刺激されるので、目のピント調節機能が正常な状態に戻っていき視力回復につながるのです。
1日わずかな時間トレーニングするだけでよく、画像をのぞくだけですので小さなお子様のも簡単でも簡単にご利用いただけます。
視力回復率は一般に年齢が低いほど高くなりますので、なるべく早い時期に視力回復トレーニングをされることをお勧めします。


| 近視

視力回復センターの現役インストラクターが明かす視力アップ法

「視力が低下してきて視力回復させたいが、あまり時間やお金をかけずに回復できるよい方法はないだろうか?」とお悩みの方は一度ご覧下さい。

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版

視力回復センターの現役インストラクターが、実際に視力センターで行っている、最新の理論による視力向上トレーニング法を提供しています。
実際に視力回復センターに通っているかのようなトレーニングを自宅で行えるのです。
普通の視力回復センターに通うと、20万から30万は費用がかかりますし、時間もとられてしまいますので忙しい方はなかなか通うことができません。
「楽々!視力アップ・マニュアル」は、視力センターのプロが作った視力低下予防と視力アップの成功マニュアルです。


トレーニング・キットも最初から付いていますので、高いお金を出して視力回復センターに通わなくても、自宅で視力回復センターと同じようなトレーニングできます!

カウンセリングや2ヶ月間の無料メールサポートまで付いて親切に対応してくれます。

楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版
| 近視

レーシック(LASIK)による近視矯正

レーシック(LASIK)とは?


レーシックとは、角膜表面をめくって角膜をレーザーで削ることにより、角膜の屈折力を変えて目のピントのズレを調節する近視矯正手術です。
レーシックは、毎年150万人の人が手術を受けており、歴史は浅いものの、世界的にはかなり普及している手術方法です。
スポーツ選手がよくレーシック手術を受けており、有名人ではゴルフのタイガーウッズや大リーグの松坂大輔などがレーシック治療を受けて活躍しています。

レーシック(LASIK)の治療法

レーシックは、まずマイクロケラトームというカンナのような器械で角膜の表面をめくってふたを作ります。
角膜のふたをめくった状態で、角膜の中央部分をマキシマレーザーで照射して角膜の中央部分にくぼみをつけます。
このくぼみがメガネやコンタクトレンズのような凹レンズの役割をすることで光の屈折力が変わり、ピントのズレを調整します。
つまり、角膜自体がメガネやコンタクトレンズの役割を果たしている訳です。
最後に再び角膜のふたをかぶせて手術は完了です。


レーシック(LASIK)のメリット・デメリット

レーシックの長所は、手術が短時間で終わり、手術の効果がすぐに現れることです。
レーシック手術の時間は両目で約20分ぐらいで終了し、1時間後には帰宅でき、そして、レーシック手術をした翌朝には視力が改善していているのです。
また、角膜の表面を傷つけませんので、手術後もほとんど痛みを感じないことも特徴です。
現在行われている視力矯正手術では最も安全な手術方法です。

レーシックのデメリットは、一度手術を行うと元に戻らないことです。
レーシック手術後にかぶせた角膜の表面がうまく接着しなかったり、微妙なズレが生じたりするということがおこる可能性もない訳ではありません。
手術後約1週間は保護用のメガネを掛けなければならず、1カ月間は目に負担のかかる激しい運動はできませんので、時間的に余裕がない方には向いていません。
また、角膜の厚さが薄い方は、角膜を削ることができませんので、手術を受けることはできません。
その他、極度の近視の人や目に病気を持っている人なども手術を受けることができません。


レーシック(LASIK)の費用

レーシックの手術治療費
は眼科のサービス内容によってまちまちですが、おおむね20万円ぐらいが相場のようです。
値段が安いからと安易に決めず、きちっとした専門医及び設備の整った眼科を選択されることをお勧めします。

| 近視

オルソケラトロジーのよる近視矯正

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは、特殊なカーブデザインのコンタクトレンズを寝る前に装着し、角膜の形状を矯正することで、目のピントを合わせて主に近視を矯正する角膜矯正療法です。
オルソケラトロジー・レンズを夜間に装着しておくと、翌朝起きたときには視力が改善され、日中の間裸眼でも視力を維持することができるのです。


オルソケラトロジーの仕組み

オルソケラトロジーのレンズは、ハードコンタクトレンズで内側の中央部分などが出っ張っていて、この出っ張りが角膜を押さえつけて形状を変化させることで、目の中にメガネやコンタクトレンズのような凹レンズの状態をつくり、ピントのズレを矯正することができます。

近視の目


オルソケラトロジーによる近視矯正


オルソケラトロジー・レンズを外した後もしばらく角膜がこの形状を持続するので、近視が矯正されます。


オルソケラトロジーの効果

オルソケラトロジーは、オルソケラトロジー・レンズを1〜2時間装着するだけで0.1程度の視力が、1.0以上に改善することもよくあります。
最初のうちは夜まで視力が持ちませんが、大抵の方はオルソケラトロジー・レンズを装着し始めて1週間ぐらいで、丸一日裸眼で視力を維持できるようになるようです。
次第に裸眼視力の持続時間も長くなっていき、毎日オルソケラトロジー・レンズを装着しなくてもよくなっていきます。
放っておくとどんどん進んでしまう近視の予防にも効果があると言われていますので、視力の低下がだんだん進行しているような方には有効でしょう。
また、オルソケラトロジーは、レンズの取り扱いができるのであれば小さな子供でも治療可能で、小さなお子さんほど効果が短期間で現れやすい傾向があります。


オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーはアメリカで30年以上にも渡って研究され、また実用されてきており、すでに120万人以上がオルソケラトロジーを受けています。
オルソケラトロジー・レンズは高酸素透過性コンタクトレンズを使用していて、目への酸素供給の妨げを最小限に抑えていますので、寝ている間長時間装着していても問題ありません。
また、オルソケラトロジー・レンズの装着をやめれば目はもとに戻りますので、手術のように一度行えば一生元に戻らなくなるといった心配はありませんので、その点お気軽にお試しいただけるでしょう。


オルソケラトロジーの価格


オルソケラトロジー・レンズは、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)が「夜間装用」の安全性を認可したものとなると高額となります。
治療費は既成のもので在庫があるものであれば、約20〜25万円、1人1人の目に状態に合わせてオリジナルで作る場合は30〜40万が相場のようです。

東南アジアや韓国製の安いオルソケラトロジー・レンズも出回っていますが、やはり安全性の点では不安が残ります。
オルソケラトロジー・レンズの耐用年数は約4年程で、買い換えの時には眼科病院によって異なりますが5〜7万前後で再購入できるようです。
オルソケラトロジーを無料体験できる眼科病院もありますので、よく検討してご利用下さい。

| 近視

コンタクトレンズによる近視矯正

コンタクトレンズは、角膜に直接着けて視力の矯正を行うプラスチック片で、1000万を越える人に使用されており、使用者は年々増加しています。
コンタクトレンズはメガネより見た目がよく、視覚もメガネより自然に近い形で見えるといったメリットがある反面、取り扱いに注意が必要で、使い方を誤ると角膜に傷を付けたり、感染症にかかることもありますので、正しい使用方法を守るようにしましょう。


ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの比較

コンタクトレンズには、硬いプラスチックから作られるハードコンタクトレンズと柔らかいプラスチックやシリコンから作られたソフトコンタクトレンズがあります。
ハードコンタクトレンズは、小さくて目の中で動くので最初馴れるまでは違和感を感じるでしょう。
ハードコンタクトレンズのメリットは比較的目に酸素を供給できますので、目への負担が少なく長時間装用も可能なこと、また乱視の矯正が可能なことです。
デメリットは小さいために外れやすく失いやすく、また目とコンタクトの間にゴミが入りやすいことです。
ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズより大きく角膜全体を覆い、初めて着けた場合でも違和感はあまりなく心地がよいでしょう。
ソフトコンタクトレンズのメリットは快適な装用感があり、また大きく目にぴったりフィットしているので外れにくく激しい運動に利用できることです。
デメリットは角膜全体を覆うために目への負担が大きく、取り扱いには十分な注意が必要なことです。


使い捨てコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、大抵のものは日々のケアが必要なため面倒であることとや、長期間の使用でコンタクトレンズが傷ついたり汚れたりすることから、最近では使い捨てコンタクトレンズが主流になっています。
1日で使い捨てするタイプのコンタクトレンズや、1〜2週間で交換するタイプ、1カ月で交換するタイプなどがあります。
清潔でケアの必要が少ないですが、割高感はあります。


コンタクトレンズの通販

最近ではインターネットによって格安のコンタクトレンズが通販で購入できるようになりました。
ただし、初めてコンタクトレンズをご利用になる場合には、目の正しい情報が必要になりますので、いきなりネット通販購入と言うわけには行きません。
まずは眼科できちんと合ったコンタクトレンズを購入しましょう。
その後特に異常がなく、ネット通販購入する際には、コンタクトレンズに関する次の情報が必要となります。

  • BC(ベースカーブ) … コンタクトレンズのカーブの度合で、目の表面のカーブに合わせて最適なカーブを選ぶ必要があります。
  • PWR(度数) … 一般的に「-」(マイナス)が近視の方用を表し、「+」(プラス)が遠視の方用の度数を表します。
    ケースなどに記載されていますので記録しておきましょう。

    日本では、コンタクトレンズは高度管理医療用具で、購入の際には、処方箋または指示書が義務づけられています。
    処方箋がいらないコンタクトレンズ通販サイトは、処方箋を必要としない海外からの直送となっています。
    コンタクトレンズ通販サイト、病院に行く手間がいらず、価格も割安なので利用価値はありますが、目に異常があるときにもちろんのこと、特に異常がなくても定期的に検診に行くようにしましょう。

  • | 近視

    メガネよる近視矯正

    近視になった場合に通常まず行われる対策は、メガネによる矯正でしょう。
    近視の目は、光のピントが網膜の手前に合ってしまうために、近視用メガネでは凹レンズによって光の屈折を矯正し、網膜にピントが合うように調整します。
    メガネによる近視の矯正
    メガネはフレーム部分とレンズ部分から構成されていて、フレーム部分は好みの問題で、安い物では数千円からあり、高い物は貴金属で作られた物などきりがありません。
    メガネのレンズには、ガラス製のレンズとプラスチック製のレンズがありますが、プラスチック製のレンズの方が軽く壊れにくいため、最近ではプラスチック製のレンズが主流となっています。
    しかし、プラスチック製のレンズの方が傷つきやすいという欠点もあります。
    また、レンズの表面には、様々な機能をアップするコーティングがされていて、耐久性をアップしたり、紫外線カットしたり、汚れや曇りを防止するものなど、そのレンズの機能のランクによって値段が変わってきます。

    メガネの利点は、簡単に着け外しができ、手入れの手間もほとんどいらないことです。
    メガネの欠点は、目からレンズまで距離が離れているため、視界が狭まってしまうこと、また、レンズ中央と端では物の見え方がちがって見えることです。
    また、メガネをかけることで、近視の度合いがさらに進行してしまったということもあるようです。

    以前はメガネというと、暗いイメージがあるなどマイナスのイメージが強かったですが、最近ではメガネ自体の色や形などが多様化してきてお洒落になり、また値段も比較的安く入手できるようになったこともあり、ファッション一部としてもメガネの人気はあがってきています。
    | 近視

    近視はなぜおこるのか?

    近視は、パソコンの普及やテレビゲーム普及などで年々増加傾向にあります。
    特に子供の視力低下傾向は30年近くに渡り低下し続けており、視力1.0未満の小学生は3割近くを占め、さらに中学生に至っては2人に1人が視力1.0未満という結果がでています。

    近視は、遠くの物にピントが合わなくなり、視界がぼやけてしまう状態ですが、これは屈折障害によっておこります。
    視力は、目に入ってきた光を角膜や水晶体が網膜上に正常に合わせることで、はっきりした像を映し出すことができます。
    ですが、角膜や水晶体の屈折力が強すぎたり、眼球の長さが伸びてしまうと、光が網膜の手前でピントを合わせてしまうので、遠くの物を見たときに網膜にピントが合わず、物がぼやけて見えるてしまうのです。

    正常な視力の目近視の目

    メガネやコンタクトレンズは、強すぎる屈折力を凹レンズで緩和することで、網膜にピントが合うように矯正しているのです。

    近視の治療方法としては、レーザーで角膜の形状を変えて屈折率を正常に戻すレーシックなどの手術や、毛様体の筋力を回復させる視力回復トレーニング、角膜矯正用コンタクトレンズを装着して角膜形状を変形させて矯正するオルソケラトロジーなどがあります。
    | 近視
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。