糖尿病網膜症カテゴリの記事一覧

糖尿病網膜症の症状による分類

糖尿病網膜症は症状の段階によって3段階に分類されています。

第一段階は単純網膜症といいます。
単純網膜症では、高血糖の状態のため血液がドロドロになり、網膜の血管がもろくなって詰まったり、破れて出血してしまう状態です。
この状態では自覚症状もなく、出血によって視界の一部がゆがめられで程度で視力への影響もほとんどありません。
血糖値のコントロールをすることで糖尿病網膜症は未然に防げます。

第二段階は増殖前網膜症といいます。
増殖前網膜症では、血管の損傷が激しくなり、血管から網膜へ栄養分が供給できなくなるので、新たに血液を網膜へ運ぶための新生血管ができはじめます。
この新生血管は一見有益に思えますが、実は網膜に損傷を与える原因となるのです。
この段階でも、網膜の最も神経が集中している中心部にあたる黄斑と呼ばれる部分に損傷がおよんでいない限り、自覚症状はありません。
新生血管が網膜に重大な障害を与えてしまう前に、レーザーで新生血管を焼き固めてしまうレーザー光凝固術を行うことで糖尿病網膜症の進行を防げます。

第三段階は増殖網膜症といいます。
増殖網膜症では、新生血管が異常に成長し、硝子体の内部まで伸びていきます。
新生血管は、非常にもろく簡単に破れて出血してしまうので、硝子体内部で出血すると、血液が視覚の邪魔になって飛蚊症や急激な視力の低下につながります。
さらに、硝子体内の液状の成分が網膜とその支持組織の間に入り込むと、網膜剥離を引き起こすこともあり、失明に至ることもあります。
レーザー光凝固術で新生血管を焼き固めてしまうとともに、硝子体に漏れだした血液を取り出す硝子体手術が必要な場合もあります。

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症の1つとして目の網膜の血管が損傷を受けて、視力を損なう病気です。
日本では失明の原因の第一位が糖尿病網膜症ですが、その原因は自覚症状があまり現れず、異変に気づいたときには手遅れの状態となっていることが多いためです。

高血糖はの状態は、毛細血管の壁をより厚く弱くしてしまいますので、網膜の血管は徐々に変形していき、さらに進行すると血管が破れて出血を起こしてしまうのです。
糖尿病網膜症は、一般的に糖尿病になってから最低10年は経たないと発症しないと言われていますので、重度の糖尿病になってしまう前に早期に血糖値をコントロールすることが、糖尿病網膜症を発症させないためのカギとなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。