黄斑変性症の対策

目は紫外線を直接受ける部分であって、紫外線のよって目を酸化させる活性酸素が発生してダメージを受けてしまいます。
健康体であれば目には酸化を防ぐ抗酸化酵素や酸化物を吸収する酵素が供給されていて、活性酸素からのダメージを未然に防ぐことができます。

しかし、加齢などによって抗酸化酵素や酸化物を吸収する酵素が減少してくると、活性酸素から目を守ることができなくなり、これが黄斑に及ぶと黄斑変性症となってしまします。

黄斑変性症は、手術によって症状の進行を止めることはできますが、回復させることは難しくなりますので、黄斑変性症になってしまう前に未然に対策を取ることが必要です。

ですから、活性酸素と戦う栄養素をしっかり補給したり、紫外線から目を守ったり、タバコを控えたり、ストレスを発散させたりと、活性酸素が発生しにくい生活環境を整えるように心がけましょう。

黄斑変性症の原因

黄斑変性症には萎縮性黄斑変性症と滲出黄斑変性症の2つの形態があります。
萎縮性黄斑変性症は、いわゆる目の老化現象です。
目も老化に伴い組織が退化していきますので、黄斑も例外なく徐々に老化していき、栄養不足になり、視力も徐々に落ちていきます。
視力の低下もゆっくりですので、症状に気づかない場合も多々あります。

滲出黄斑変性症は、網膜に伸びてくる新生血管からの出血で黄斑が損傷を起こします。
網膜に栄養を届ける細胞が死滅すると、その替わりに栄養を届けようと新しく新生血管が網膜に向けて伸びてきます。
新生血管は非常にもろいため、すぐに破れて出血しますので、その漏れ出した血液によって網膜が障害を受けて視力が悪くなるのです。
滲出黄斑変性症は、進行が早く視力の低下は急激に起こります。
新生血管ができたときは、レーザーによって血管を焼き固めたり、外科手術で新生血管を取り除くなどの方法で進行を防ぎます。

黄斑変性症とは?

黄斑変性症とは、網膜の黄斑という部分が何らかの原因で異常が発生し、光の情報を感受できなくなる病気です。
黄斑は、光の情報を受け取る網膜の中心にある最も神経が密集しているところで、視力として物を見る上で重要な部分です。
黄斑変性症になると、景色や物がぼやけて見えたり、中心部分が暗く見えたりして、さらに進行すると失明の原因にもなります。

黄斑変性症は高齢者に多く見られる病気で、また喫煙者や遺伝で黄斑変性症にかかる率が高くなるようです。
近年、日本でも食事の欧米化や高齢化によって、加齢と共に黄斑変性にかかる方が急激に増加しています。
加齢黄斑変性症は日本ではまだあまりなじみのない病名ですが、欧米諸国では50歳以上の成人の失明原因の第一位となっており関心の高い病気となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。