目の構造カテゴリの記事一覧

目の構造と働き

目の構造

●結膜

まぶたの裏側から強膜を覆っている薄い膜で、目が露出している部分の一番外側の膜になります。
目に入ってきた異物やウィルスや細菌による感染から目を守る役目をしています。


●強膜

比較的強く白い膜で、白目の部分にあたります。


●角膜

目の露出している部分にある厚さ0.5mmの透明なドーム型の膜です。
眼球の保護する役割と網膜上のピントを合わせる役割をしています。


●虹彩

黒目の茶色い部分にあたり、虹彩を開いたり閉じたりすることで、目に入ってくる光の量を調節しています。
明るい場所では目に入ってくる光の量を少なくするように虹彩を閉じて、暗い場所では光が目にたくさん入るように虹彩を開きます。


●瞳孔

瞳孔は虹彩の中央ある黒く丸い部分です。
角膜から入ってきた光は瞳孔を通って水晶体にたどり着きます。
紅彩の光の調節によって瞳孔が開かれたり、閉められたりするので、瞳孔を通過する光の量がコントロールされます。


●水晶体

虹彩の後ろのあり、形を変化させて厚みを変えることで、網膜上に光のピントを合わせます。


●毛様体筋

網膜にピントを合わせる役目をしている水晶体の厚みを調整する働きをしている筋肉です。
近くを見るときには毛様体筋が収縮して水晶体を厚くし、遠くを見るときには毛様体筋が緩んで水晶体を薄くします。


●網膜

光を知覚する神経と栄養を与える毛細血管が集まっている部分で、水晶体を通過した光の情報をキャッチして、電気信号に変えます。


●黄斑

網膜上にあり最も感覚の鋭い部分で、小さな領域に神経終末が何百とひしめき合っています。


●視神経

網膜で受け取った電気信号を脳へと運ぶ役割をしています。
視神経から脳へ情報が達することで初めて視覚として感じることができるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。