網膜剥離の手術方法

網膜剥離の手術方法としては、剥離の仕方や原因によってレーザー光凝固療法や冷凍療法、バックリング手術、水晶体手術が使い分けられます。
手術の内容は、網膜の破れた孔(あな)の部分を塞いで、網膜と支持組織の間に水(液化硝子体)が入らないようにして、また網膜が剥離している場合は網膜と支持組織がくっつくように処置をします。
網膜裂孔といって網膜に孔(あな)が開いているだけで剥がれていまいときには、レーザー光凝固手術や冷凍療法が行われ、比較的簡単な治療で済みます。
しかし、網膜が剥がれてしまってる場合は、レーザー手術や冷凍療法は効果はなく、バックリング手術、水晶体手術が行われます。

レーザー光凝固手術

レーザーを裂孔している部分の周囲にあてて、網膜を焼き付けることで、その裂孔部分を防いでしまう治療法で、痛みも少なく治療時間も5〜15分程度で行えます。


冷凍療法

冷凍療法は、眼球の外側からマイナス60〜70度の低温の液体窒素で裂孔している患部を固めてしまう手術法です。


強膜バックリング手術

バックル手術は、目の外側から網膜の孔(あな)が開いている部分にシリコンでできた素材を縫いつけて孔を塞ぐ手術方法です。
胸膜バックリング法は、網膜の全ての裂孔を見つけださないと手術は成功しません。
網膜が破れている孔の位置が深い場合や出血が多い場合には硝子体手術が行われます。


硝子体手術

硝子体手術は、目の内側から行う手術法で、まず硝子体内のゼリー状の組織を取り除き、そこにガスを注入して風船を膨らませるように網膜を伸ばします。
そして、裂孔部分をレーザーなどで塞ぐ手術方法です。
硝子体手術は再度網膜剥離が起こるともっとひどい状態になってしまうことがあるという問題があります。

網膜剥離の症状

網膜剥離の程度が軽い初期の段階では浮いたような不規則な図形が見えたり、チカチカした光が見えたり、視界がぼやけたりします。
黒い点やゴミのようなものが見える飛蚊症や目の中に光が見える光視症といった症状です。
網膜剥離の度合いが増すにつれて、視野が狭くなって視力は低下していき、網膜中で最も神経が集中している黄斑部と呼ばれる場所が剥離してしまうと、急激に視力は低下し、全ての視野がぼやけてしまいます。
網膜剥離が発生してから時間が経過すればするほど、元の視力に戻る可能性は低くなるため、早期手術が必要となります。

網膜剥離とは?網膜剥離の原因

網膜剥離とは?

網膜剥離とは、目に入ってきた光の情報をキャッチして脳に伝える役目をしている網膜が、網膜の下にある支持組織から分離することをいいます。
網膜が支持組織から剥がれると網膜は機能しなくなり、再びくっつかない限り、目の機能は元に戻らず、治療しないと症状が悪化してしまうことがあります。

網膜剥離の原因

網膜剥離は、ボクシングの選手など目に強い衝撃を受ける方におこる病気としてよく知られていますが、近視の方や目に外傷を受けたことのある方でもおこります。
網膜剥離は、網膜が破れるケースと網膜は破れずに剥がれるケースがあります。
網膜が破れるケースの網膜剥離は、近視の方や白内障の外科手術を受けた方、目に外傷を受けた方によく起こります。
網膜は破れず剥がれるケースの網膜剥離は、眼球内の液体が網膜を引っ張ったり、網膜とその支持組織の間に集まった液体や血液が網膜を押すことでよく起こります。
高血圧や糖尿病、動脈硬化などで目の血管が障害を受けて、出血したり、十分な血液供給ができなかったり、血管が詰まったりすると、網膜は損傷を受けて視力を失うことがあります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。