ドライアイはコンタクトで悪化する

コンタクトレンズは、涙の量が正常であれば、目の表面を滑らかに動くことができるので、目の表面を傷つけることもなく、また涙も目の表面とコンタクトレンズの間をうまく流れることができるので、細胞に栄養素を運ぶこともできます。

ドライアイの目のコンタクトを装着すると…

ですが、ドライアイになっている目にコンタクトを装着すると、涙の層が少ないためにコンタクトレンズが目の表面にぴったりと張り付いてしまうために、目の表面とコンタクトレンズの間に涙が入り込むすき間がなくなってしまうので、目の表面の状態がさらに悪化してしまうのです。
そうすると、角膜の表面がでこぼこになって傷つき、こういう状態でコンタクトレンズを装着するすると、ごろごろした感じがしたり、痛みを感じたりするのです。
この状態が続くと視力の低下にもつながる訳です。


コンタクトレンズがドライアイの原因に…

ドライアイの目のコンタクトレンズをするとドライアイが悪化しますが、コンタクトレンズ自体がドライアイを引き起こす原因にもなるのです。
というのも、コンタクトレンズをした状態で目をこすったりすると、コンタクトレンズが角膜を傷つけてしまい、それがきっかけでドライアイになってしますのです。

ですから、目に違和感があるときには、極力コンタクトレンズをはずして、目を休めてあげるようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。