目のくまができる原因

目のくまは、人の表情を疲れたように見せたり、老けてみせたりと、多くの方が悩みの種の1つです。
目のくまができる原因で最も多いのが血行不良によるものです。
血液中の各細胞に酸素を運ぶ役目をしているヘモグロビンは、酸素と結びつくと鮮やかな赤色をしますが、酸素との結合がはずれると暗い褐色になってしまいます。
ですから、寝不足などの体調が悪いときには酸素が十分に供給されていませんので、血液は色が暗い色になってしまいます。
目の下の皮膚はとても薄いので、そのうっ血した血液の色が透けて見えるので、目のくまになるのです。

また、紫外線や赤外線などによるダメージや化粧品の成分による刺激、目のかゆみにより目をこすることも目のくまの原因となります。
このような皮膚への刺激によってメラニン色素の量が増えて皮膚に沈着してしまい茶色の目のくまになってしまいます。

血行不良目やメラニン色素沈着による目のくまができているところに、さらに加齢によりしわやたるみができたり、脂肪過剰で目の下に膨らみができると、その影によって目のくまが強調されてしまうのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。