カシスにはアントシアニンがたっぷり

カシスは栄養豊富なベリー

カシスは、リキュールやジュース、ジャムなどの加工品として広く親しまれているベリーの仲間です。
欧米ででは古くから食用としてだけではなく、その薬効が注目され、薬用として栽培されています。

カシスは栄養豊富なベリーで、ビタミンCやビタミンE、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラル類などの成分がたっぷり含まれています。
カシスに含まれるビタミンを100g当たりで比較すると、ビタミンCはオレンジの3倍、ビタミンAやベータカロテンはオレンジとほぼ同じ、ビタミンEはオレンジやストロベリーの4倍も含まれています。


アントシアニンを豊富に含むカシス

さらに特に注目されているのは、カシスには抗酸化力が強いポリフェノールが豊富に含まれていていることで、ポリフェノールの中でも野菜や果物の赤紫色の色素成分であるアントシアニンの含有量がずば抜けて高く含まれています。
アントシアニンといえば、ブルーベリーに多く含まれる目によい成分として知られていますが、カシスにはブルーベリーの3倍ものアントシアニンが含まれているのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。