ブルーベリーはヨーロッパでは医薬品

ブルーベリーが目に効果があるとわかった経緯

ブルーベリーが目の疲れなどによる視力の衰えを回復するということが初めて報告されたのは、第二次世界大戦が終わる頃のイギリスでのことです。
ブルーベリージャムを毎朝朝食にたっぷりパンに塗っていた連合国空軍のパイロットが、夜間攻撃を行う際に、「薄暗がりの中でも物がはっきり見える」と報告したことがきっかけでした。
その後この報告を聞いたイタリアとフランスの学者がブルーベリーの目に対する効果について医学的に研究を開始し、ブルーベリーに含まれる青紫色の色素であるアントシアニンに目の働きをよくすることが証明されました。


ブルーベリーはヨーロッパでは医薬品

ブルーベリーは、イタリアやフランスを初めとするヨーロッパ諸国では科学的、医学的に目に対する効果が確認されており、医薬品として発売されています。
そのブルーベリーを配合している医薬品の効能効果も近視や夜盲症、眼精疲労など視力アップに関わる効果のみならず、ブルーベリーの強力な抗酸化作用による網膜や毛細血管への効果も謳われています。

ブルーベリーの目に対する効果が欧米諸国で科学的、医学的にこれほど実証されているにも関わらず、日本では医薬品として認められていません。
日本の薬事法では、食物を加工して作ったものは、医薬品とはされず食品のカテゴリーにされてしまうのです。
お隣の国韓国でも医薬品として認可され販売されているというのに、日本は非常に遅れを取っているように思われます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。