糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症の1つとして目の網膜の血管が損傷を受けて、視力を損なう病気です。
日本では失明の原因の第一位が糖尿病網膜症ですが、その原因は自覚症状があまり現れず、異変に気づいたときには手遅れの状態となっていることが多いためです。

高血糖はの状態は、毛細血管の壁をより厚く弱くしてしまいますので、網膜の血管は徐々に変形していき、さらに進行すると血管が破れて出血を起こしてしまうのです。
糖尿病網膜症は、一般的に糖尿病になってから最低10年は経たないと発症しないと言われていますので、重度の糖尿病になってしまう前に早期に血糖値をコントロールすることが、糖尿病網膜症を発症させないためのカギとなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。