黄斑変性症の対策

目は紫外線を直接受ける部分であって、紫外線のよって目を酸化させる活性酸素が発生してダメージを受けてしまいます。
健康体であれば目には酸化を防ぐ抗酸化酵素や酸化物を吸収する酵素が供給されていて、活性酸素からのダメージを未然に防ぐことができます。

しかし、加齢などによって抗酸化酵素や酸化物を吸収する酵素が減少してくると、活性酸素から目を守ることができなくなり、これが黄斑に及ぶと黄斑変性症となってしまします。

黄斑変性症は、手術によって症状の進行を止めることはできますが、回復させることは難しくなりますので、黄斑変性症になってしまう前に未然に対策を取ることが必要です。

ですから、活性酸素と戦う栄養素をしっかり補給したり、紫外線から目を守ったり、タバコを控えたり、ストレスを発散させたりと、活性酸素が発生しにくい生活環境を整えるように心がけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。