黄斑変性症の原因

黄斑変性症には萎縮性黄斑変性症と滲出黄斑変性症の2つの形態があります。
萎縮性黄斑変性症は、いわゆる目の老化現象です。
目も老化に伴い組織が退化していきますので、黄斑も例外なく徐々に老化していき、栄養不足になり、視力も徐々に落ちていきます。
視力の低下もゆっくりですので、症状に気づかない場合も多々あります。

滲出黄斑変性症は、網膜に伸びてくる新生血管からの出血で黄斑が損傷を起こします。
網膜に栄養を届ける細胞が死滅すると、その替わりに栄養を届けようと新しく新生血管が網膜に向けて伸びてきます。
新生血管は非常にもろいため、すぐに破れて出血しますので、その漏れ出した血液によって網膜が障害を受けて視力が悪くなるのです。
滲出黄斑変性症は、進行が早く視力の低下は急激に起こります。
新生血管ができたときは、レーザーによって血管を焼き固めたり、外科手術で新生血管を取り除くなどの方法で進行を防ぎます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。