網膜剥離の手術方法

網膜剥離の手術方法としては、剥離の仕方や原因によってレーザー光凝固療法や冷凍療法、バックリング手術、水晶体手術が使い分けられます。
手術の内容は、網膜の破れた孔(あな)の部分を塞いで、網膜と支持組織の間に水(液化硝子体)が入らないようにして、また網膜が剥離している場合は網膜と支持組織がくっつくように処置をします。
網膜裂孔といって網膜に孔(あな)が開いているだけで剥がれていまいときには、レーザー光凝固手術や冷凍療法が行われ、比較的簡単な治療で済みます。
しかし、網膜が剥がれてしまってる場合は、レーザー手術や冷凍療法は効果はなく、バックリング手術、水晶体手術が行われます。

レーザー光凝固手術

レーザーを裂孔している部分の周囲にあてて、網膜を焼き付けることで、その裂孔部分を防いでしまう治療法で、痛みも少なく治療時間も5〜15分程度で行えます。


冷凍療法

冷凍療法は、眼球の外側からマイナス60〜70度の低温の液体窒素で裂孔している患部を固めてしまう手術法です。


強膜バックリング手術

バックル手術は、目の外側から網膜の孔(あな)が開いている部分にシリコンでできた素材を縫いつけて孔を塞ぐ手術方法です。
胸膜バックリング法は、網膜の全ての裂孔を見つけださないと手術は成功しません。
網膜が破れている孔の位置が深い場合や出血が多い場合には硝子体手術が行われます。


硝子体手術

硝子体手術は、目の内側から行う手術法で、まず硝子体内のゼリー状の組織を取り除き、そこにガスを注入して風船を膨らませるように網膜を伸ばします。
そして、裂孔部分をレーザーなどで塞ぐ手術方法です。
硝子体手術は再度網膜剥離が起こるともっとひどい状態になってしまうことがあるという問題があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。