網膜剥離の症状

網膜剥離の程度が軽い初期の段階では浮いたような不規則な図形が見えたり、チカチカした光が見えたり、視界がぼやけたりします。
黒い点やゴミのようなものが見える飛蚊症や目の中に光が見える光視症といった症状です。
網膜剥離の度合いが増すにつれて、視野が狭くなって視力は低下していき、網膜中で最も神経が集中している黄斑部と呼ばれる場所が剥離してしまうと、急激に視力は低下し、全ての視野がぼやけてしまいます。
網膜剥離が発生してから時間が経過すればするほど、元の視力に戻る可能性は低くなるため、早期手術が必要となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。