網膜剥離とは?網膜剥離の原因

網膜剥離とは?

網膜剥離とは、目に入ってきた光の情報をキャッチして脳に伝える役目をしている網膜が、網膜の下にある支持組織から分離することをいいます。
網膜が支持組織から剥がれると網膜は機能しなくなり、再びくっつかない限り、目の機能は元に戻らず、治療しないと症状が悪化してしまうことがあります。

網膜剥離の原因

網膜剥離は、ボクシングの選手など目に強い衝撃を受ける方におこる病気としてよく知られていますが、近視の方や目に外傷を受けたことのある方でもおこります。
網膜剥離は、網膜が破れるケースと網膜は破れずに剥がれるケースがあります。
網膜が破れるケースの網膜剥離は、近視の方や白内障の外科手術を受けた方、目に外傷を受けた方によく起こります。
網膜は破れず剥がれるケースの網膜剥離は、眼球内の液体が網膜を引っ張ったり、網膜とその支持組織の間に集まった液体や血液が網膜を押すことでよく起こります。
高血圧や糖尿病、動脈硬化などで目の血管が障害を受けて、出血したり、十分な血液供給ができなかったり、血管が詰まったりすると、網膜は損傷を受けて視力を失うことがあります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。