黄斑変性症とは?

黄斑変性症とは、網膜の黄斑という部分が何らかの原因で異常が発生し、光の情報を感受できなくなる病気です。
黄斑は、光の情報を受け取る網膜の中心にある最も神経が密集しているところで、視力として物を見る上で重要な部分です。
黄斑変性症になると、景色や物がぼやけて見えたり、中心部分が暗く見えたりして、さらに進行すると失明の原因にもなります。

黄斑変性症は高齢者に多く見られる病気で、また喫煙者や遺伝で黄斑変性症にかかる率が高くなるようです。
近年、日本でも食事の欧米化や高齢化によって、加齢と共に黄斑変性にかかる方が急激に増加しています。
加齢黄斑変性症は日本ではまだあまりなじみのない病名ですが、欧米諸国では50歳以上の成人の失明原因の第一位となっており関心の高い病気となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。